​住居・食べ物

​施設出身に関わらず応相談

親からの
「虐待したくないのに
虐待してしまう」等の
相談も対応しています

アフターケア相談所ゆずりは

http://www.acyuzuriha.com/
​Mail : acyuzuriha@gmail.com
​Tel : 042-315-6738

​食料サポート 応相談

【食べる住む働くに困っている15歳〜25歳のみなさんへ】

月1万円の給付と相談サポートをはじめます。
https://www.dreampossibility.com/17972

大阪にあるD×Pが伴走型かつ給付もする支援を始めました。スタッフの方が伴走して、その人に必要なことを一緒に考えるところが特徴ではないかと思います。ずっと通信制の高校生たちに寄り添ってきたからこその支援のあり方だなあと思います。。社会的養護を経験した方もイメージしながら考えておられます。必要な方に届きますように!!

ヨリドコピンポン(ピンポン食堂)子ども食堂

食事や食材の提供など。必要に応じて役所同行や相談支援などもしています。

imago.kayoko@nifty.com

https://www.facebook.com/pingpong26

大阪市東住吉区およびその近郊など

NEW

自立支援シェアハウス IPPO

社会的養護出身者や親を頼れない15-23歳の若者のための自立支援シェアハウスです。

https://ippo-support.net/

熊本県

NEW

学生支援緊急給付金

https://www.mext.go.jp/content/20210525-mxt_gakushi01-000006193_01.pdf

家庭から自立しアルバイト収入を学費等に充てているものの、新型コロナウイルス感染症拡大の影響でアルバイトの収入減少や解雇のために修学し続けることが難しくなっている学生へ、現金を給付する制度です。 給付額は住民税非課税世帯の学生は20万円、それ以外の学生は10万円で、在学している学校へ申請が必要。給付対象になると日本学生支援機構を通じて支給されます。 ■対象:国公私立大学(大学院含む)・短大・高専・専門学校(日本語教育機関含む)の学生 

生活保護の申請を検討する方法もあります。

こちらの自立サポートセンターもやいのサイトが参考になります。生活保護の申請の方法 https://www.npomoyai.or.jp/20180309/4322 

colabo(コラボ)

https://colabo-official.net

10代の方向けのシェルターと

特別定額給付金(10万円給付)
の申請をサポート

​施設出身に関わらず応相談

申請先は地域の自立相談支援機関。生活困窮者支援制度の一部なので就労支援の意味合いが大きく、学生には使いづらいような。

住宅確保給付金(改正)

https://www.mhlw.go.jp/content/000626236.pdf

 

参考:住宅確保給付金Q&A

https://www.mhlw.go.jp/content/000626250.pdf

世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)

https://corona-support.mhlw.go.jp/jukyokakuhokyufukin/index.html

新型コロナウイルス感染症の影響による子育て負担増加や収入減少等により、大きな困難が生じている低所得のひとり親家庭を支援する給付金です。

未払い賃金立て替え制度

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/shinsai_rousaihoshouseido/tatekae/index.html

企業の倒産等により賃金が支払われないままの労働者に対して、未払い賃金の額の8割を国が立替払いしてくれます。
なお、退職時の年齢に応じて88万円~269万円の範囲の上限が設けられています。
相談は最寄の労働基準監督署に。 ■対象:失業者

新型コロナの影響を受けた学生等への経済支援

https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html